紫外線の怖さについて

紫外線の怖さについて

(イラスト:あーやんさん )

 

紫外線は美肌の大敵なんですね。

 

紫外線にはいろんな種類があるのですが、
・わたしたちに降り注いでいるのがUV-A、UV-B
・このうちUV-Bがお肌に悪さをする
ということです。

 

海水浴や野山のイベントで日焼けすると、UV-Bをたくさん浴びます。

 

そうおすると、表皮から下の浅い部分にまで届いて、皮膚が炎症を起こします。

 

これが「紅斑」と呼ばれる皮膚が赤くなる状態です。

 

これで怖いのが、
・UV-Bによる日焼けは、UV-Aによる日焼けの千倍の炎症作用がある
そんなとても怖い紫外線なんです。

 

この炎症でできたメラニンがその後色素沈着をしてしまうと、
・シミ、ソバカス、
・シワ、
・くすみ
もう嫌になるようなお肌のあらゆるトラブルの原因になるんです。

 

おまけに、もっと怖いお話しをすると、、、!

 

紫外線を浴びて細胞が傷つくと、
・傷ついた情報が記録されて
・細胞が生まれ変わっても引き継がれる
という怖いことがわかっています。

 

なので、1度浴びた紫外線は、想い出としては美しくても、お肌の怖い記憶になっているんです(*_*)

 

さらにさらに、もっと怖いのは、
・18歳までに一生の半分の紫外線をもう浴びて3しまっている
・お化粧をするようになってからでは既に半分はケアできない

 

あああ、もうなんていうことなの!

 

そんな気持ちになりますよね、、、。

 

なので、美肌ケアを考える時には紫外線対策は最優先事項だということです。

 

今現在では、医学的にも「若い頃に紫外線を浴び過ぎないよう指導すべき」という意見が大きいとか。

 

このサイトでご紹介しているコスメにも、UV対策万全なコスメもあります。

 

参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

>> ヒト幹細胞コスメおすすめ はこちら